Strenx® Section 650MC

データシートをダウンロード

言語を選択してください

Get datasheet by email
Close

Get datasheet by email

    ⼀般製品情報

    Strenx® Section 650MCは650MPaの最低降伏強度を備えた熱間圧延高強度鋼を冷間成形した鋼材です。

    高強度と自然な剛性を兼ね備えた形状は、より強くより軽い構造物の設計を可能にします。リフティング、マテリアルハンドリング及び輸送運搬機器等で荷重や負担のかかる構造物に適しています。

    Strenx® Section 650MCはU字形でご用意しています。ご要望に応じて、その他の形状やサイズも対応可能です。セクションの最大長は21mで、ご要望に応じてカットしてご提供します。 

    ⼨法レンジ

    Strenx® Section 650MCはU字形でご用意しています。ご要望に応じて、その他の形状やサイズも対応可能です。

    特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
    表示するコラムを選択してください
      鋼種 U字型
      底面の長さ (mminches 50 - 4001.969 - 15.748
      側面の長さ (mminches 30 - 2001.181 - 7.874
      肉厚 (mminches 2.5 - 8.00.098 - 0.314
      最大長 (mminches) 12000826.770
      パラメータを比較

      比較するにはパラメータをひとつ選択してください

      比較

        鋼種
        底面の長さ (mminches
        U字型
        50 - 4001.969 - 15.748
        鋼種
        側面の長さ (mminches
        U字型
        30 - 2001.181 - 7.874
        鋼種
        肉厚 (mminches
        U字型
        2.5 - 8.00.098 - 0.314
        鋼種
        最大長 (mminches)
        U字型
        12000826.770

        機械特性

        特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
        表示するコラムを選択してください
          板厚
          (mminches)
          降伏強度 ReH 1)
          (min MPaksi)
          引張応⼒ Rm
          (MPaksi)
          伸さ A80
          (min %)
          伸さ A5
          (min %)
          曲げ角度90度の場合の最小内側曲げ半径
          (x t)
          2.50 - 3.000.098 - 0.118 65094 700 - 850101 - 123 12 0.8
          3.01 - 6.000.118 - 0.236 65094 700 - 850101 - 123 14 1.2
          6.01 - 8.000.237 - 0.314 65094 700 - 850101 - 123 14 1.5
          パラメータを比較

          比較するにはパラメータをひとつ選択してください

          比較

            機械特性の試験は縦⽅向に⾏われます。

            1) ReHが適⽤できない場合は、Rp0,2を⽤います。 板厚が>8mmの場合、降伏強度は20MPa低下する場合があります。

            衝撃靱性

            特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
            表示するコラムを選択してください
              鋼種 横⽅向試験、保証衝撃エネルギー、
              10x10mmの シャルピー試験⽚。 1)
              Strenx® Section 650MC 27 J / -40 °C
              パラメータを比較

              比較するにはパラメータをひとつ選択してください

              比較

                鋼種
                Strenx® Section 650MC
                横⽅向試験、保証衝撃エネルギー、
                10x10mmの シャルピー試験⽚。 1)
                27 J / -40 °C

                1) 板厚≥ 6mmのものについてはEN ISO 148-1に沿った衝撃テストが行われています。規定最小値は試験片の原寸に対応します。

                化学組成(取鍋分析)

                特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
                表示するコラムを選択してください
                  C
                  (max %)
                  Si
                  (max %)
                  Mn
                  (max %)
                  P
                  (max %)
                  S
                  (max %)
                  Altot
                  (min %)
                  Nb
                  (max %)
                  V
                  (max %)
                  Ti
                  (max %)
                  0.12 0.21 2.00 0.025 0.010 0.015 0.090 0.20 0.15
                  パラメータを比較

                  比較するにはパラメータをひとつ選択してください

                  比較

                    本製品にEN 10149-2のカテゴリAまたはBに沿って溶融亜鉛めっき加工を行う場合は、注文時に必ず明示してください。 

                    2) Nb、V、Tiの合計 = 最大 0.22%

                    鋼板は結晶粒微細化済みです。

                    炭素当量 CET(CEV)

                    特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
                    表示するコラムを選択してください
                      板厚 (mminches) 2.5 - 8.00.098 - 0.314
                      標準CET (CEV) 0.22 (0.34)
                      パラメータを比較

                      比較するにはパラメータをひとつ選択してください

                      比較

                        板厚 (mminches)
                        標準CET (CEV)
                        2.5 - 8.00.098 - 0.314
                        0.22 (0.34)
                        CET and CEV formula

                        公差

                        該当する場合、公差はEN 10162に準じます。ご要望に応じて、より狭い公差でのご提供も可能です。

                        納⼊条件

                        セクションは、熱機械圧延鋼をロール成形したものです。

                        ファブリケ−ションとその他の推奨事項

                        溶接、曲げ加工、機械加工

                        Strenx® Sectionは角領域を含む溶接性が優れていて、熱切断に適しています。各種溶接材、およびあらゆる一般的な溶接方法に対応します。

                        セクションは通常の工具で鋸引きおよび機械加工が可能です。セクションは曲げ加工も可能です。詳細な手順については、技術サポートまでお問い合わせください。加工に関する情報については、SSABのカタログ(www.ssab.com)をご覧いただくか、技術サポートまでお問い合わせください。

                        本製品に曲げ加工、溶接、切断、研削、その他の加工を行う際は、適切な安全衛生予防策を取らなければなりません。