Hardox® 500

データシートをダウンロード

言語を選択してください

Get datasheet by email
Close

Get datasheet by email

    ⼀般製品情報

    曲げ加⼯・溶接可能な耐摩耗鋼板。

    Hardox® 500 は公称硬度500 HBWで曲げ加⼯・溶接可能な耐摩耗鋼板です。より⾼い耐摩耗性が要求される⽤途に適しています。Hardox® 500は優れた加 ⼯性と靱性を維持しながら、最⼤積載量と耐⽤年数を向上させます。

    ⼨法レンジ

    Hardox® 500鋼板は4.0〜103mmの板厚で、Hardox® 500薄板は2.0〜7.0mmの板厚でご⽤意しています。Hardox® 500鋼板は最⼤幅3350mm、最⼤⻑さ 14630mmまで⽣産可能です。Hardox® 500は最⼤幅1650mm、最⼤⻑さ16000mmまで⽣産可能です。⼨法の詳細は 「⼨法プログラム」をご覧くださ い。

    機械特性

    特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
    表示するコラムを選択してください
      鋼種 板厚
      (mm)
      硬度 1)
      (HBW)
      降伏強度代表値
      (MPa), 保証されません
      Hardox® 500 薄板 2.0 - 7.0 470 - 530 1400
      Hardox® 500 厚板 4.0 - 32.0 470 - 530 1400
      Hardox® 500 厚板 32.1 - 103.0 450 - 540 1400
      パラメータを比較

      比較するにはパラメータをひとつ選択してください

      比較

        1) ブリネル硬度(HBW)はEN ISO 6506-1に沿って、切削表⾯の0.5‒3 mm下を測定。
        最低⼀試験⽚は熱処理・40トン毎。 供給される鋼板の公称板厚と硬度試験の試験⽚の板厚との偏差は+15未満です。

        Hardox® は通し焼⼊れされています。最低中⼼硬度は保証されている最低表⾯硬度の90%です。

        衝撃靱性

        特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
        表示するコラムを選択してください
          鋼種 縦⽅向試験、標準衝撃エネルギー、
          シャルピー 10x10mm V-ノッチ試験⽚。 1)
          Hardox® 500 シートとプレート 37 J / -40 °C
          パラメータを比較

          比較するにはパラメータをひとつ選択してください

          比較

            鋼種
            Hardox® 500 シートとプレート
            縦⽅向試験、標準衝撃エネルギー、
            シャルピー 10x10mm V-ノッチ試験⽚。 1)
            37 J / -40 °C

            1) 衝撃靱性は別途同意により測定。板厚3~11.9mmのものについては、サブサイズ、シャルピー衝撃試験片(V-ノッチ)が使用されます。規定靱性は原寸の試験片( 10 x 10mm)と比較して、試験片の断面積に比例します。衝撃試験はISO EN 148に沿って実施。3試験の平均。

            化学組成(熱分析)

            特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
            表示するコラムを選択してください
              鋼種 C *)
              (max %)
              Si *)
              (max %)
              Mn*)
              (max %)
              P
              (max %)
              S
              (max %)
              Cr*)
              (max %)
              Ni*)
              (max %)
              Mo*)
              (max %)
              B*)
              (max %)
              薄板 0.27 0.50 1.60 0.025 0.010 1.20 0.25 0.25 0.005
              厚板 0.30 0.40 1.30 0.020 0.010 2.20 2.0 0.40 0.005
              パラメータを比較

              比較するにはパラメータをひとつ選択してください

              比較

                組織は微細結晶粒。*) 意図的合⾦元素。

                炭素当量 CET(CEV)

                特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
                表示するコラムを選択してください
                  鋼種 薄板 厚板 厚板 厚板 厚板
                  板厚 (mm) 2.0 - 7.0 4.0 - 13.0 13.1 - 19.9 20.0 - 39.9 40.0 - 103.0
                  最⼤ CET(CEV) 0.38 (0.49) 0.38 (0.53) 0.43 (0.64) 0.45 (0.66) 0.50 (0.91)
                  標準CET (CEV) 0.33 (0.45) 0.37 (0.51) 0.41 (0.63) 0.41 (0.63) 0.48 (0.86)
                  パラメータを比較

                  比較するにはパラメータをひとつ選択してください

                  比較

                    CET and CEV formula

                    公差

                    Hardox®を見る詳細については、SSAB カタログの保証を参照してください。

                    板厚

                    公差は「Hardox® 板厚保証」に準じます。Hardox®保証は厚板についてはEN 10029 Class A、薄板については½ EN 10051の要件を満たします。

                    ⻑と幅

                    SSABの「⼨法プログラム」に準じます。厚板の公差はSSABがEN 10029に沿って規定するミルエッジの基準または公差に準じます。薄板の公差はEN 10 051に準じ、ご希望に応じてさらに狭い公差に対応いたします。

                    形状

                    公差については、厚板はEN 10029、薄板はEN 10051に準じます。

                    平坦度

                    厚板の公差はEN 10029よりさらに厳格な「Hardox®平坦度保証Class D」に準じます。薄板については、EN 10051より狭い公差を実現する「Hardox®平坦 度保証ClassA」に準じます。

                    表⾯特性

                    EN 10163-2、ClassASubclass1に準じています。

                    納⼊条件

                    納品条件はQ(焼き⼊れ)Q+T(調質済み)です。Hardox® 鋼板のエッジは、がせん断または熱切断でお届けします。厚みが80mmを超える場合は通常 ミルエッジでの納品となります。Hardox® 薄板の標準納品条件は圧延およびミルエッジです。

                    納品要件はSSABカタログ内「Hardox® Guarantees」またはwww.ssab.comでご確認ください。

                    ファブリケ−ションとその他の推奨事項

                    溶接、曲げ、機械加⼯

                    推奨事項は、SSABのカタログ(www.hardox.com)をご覧いただくか、テックサポート(英⽂のみ)まで、お問い合わせください。

                    厚板の曲げ性は「Hardox® 曲げ保証ClassG」に準じます。薄板の曲げ性は「Hardox® 曲げ保証Class D」に準じます。

                    Hardox® は熱処理向きではありません。機械特性は焼き⼊れ、および必要に応じてその後の焼き戻しにより⽣まれます。納品条件として記載されて いる特性は250ºCを超える温度にさらされた後は維持されません。.

                    本製品に溶接、切断、研削、その他の加⼯を⾏う際は、適切な安全衛⽣予防策を取らなければなりません。特に防錆塗装された鋼板の研削時には、粒⼦ 濃度の⾼い粉じんが⽣じる場合があります。