SSABについて

SSABはお客様との緊密な関係を大切にする、高い専門性を誇る世界的鉄鋼メーカーです。高強度鋼を開発し、パフォーマンスと持続可能性の向上のためのサービスを提供しています。 SSABは高性能高強度鋼(AHSS)および調質鋼(Q&T)、 帯鋼、鋼板、鋼管、建築用ソリューションの世界的主要メーカーです。SSABの鉄鋼製品およびサービスは、最終製品の軽量化や強度およびライフスパンの向上をサポートします。

データでみるSSAB

SSABはナスダックOMXストックホルム(大型株)に上場しているほか、 ナスダックOMXヘルシンキに二部上場しています。

本社:スウェーデン・ストックホルム

代表取締役&CEO: Martin Lindqvist

従業員数:50か国に約16,000人

純売上高: 570億クローネ(2014年試算は600億クローネ)

SSABの事業

SSABは3つの鉄鋼部門を中心にSSAB Special Steels (SSABスペシャルスティール)、SSAB Europe (SSABヨーロッパ)、SSAB Americas (SSABアメリカ)、そして Tibnor (ティブノール)とRuukki Construction (ルッキ・コンストラクション)の2つの子会社を展開しています。

  • SSAB Special Steels – 調質鋼(Q&T)および高性能高強度鋼(AHSS)の世界的メーカー&サービスパートナー
  • SSAB Europe – 北欧を拠点に高品質帯鋼・鋼板・ 鋼管を製造する主要メーカー
  • SSAB Americas – 北米市場の高品質鋼板・ コイルの主要メーカー
  • Tibnor – 北欧の鉄鋼・非鉄金属の主要販売会社
  • Ruukki Construction – 欧州を中心にエネルギー効率に優れた建物 ・建築用ソリューションを提供
Hameenlinna Mill

生産拠点

SSABはコスト効率と柔軟性に優れた製造システムを展開しています。スウェーデン、フィンランド、米国にある 製鋼所は年間880万トンの生産能力 を誇ります。 さらに、各種鉄鋼製品の加工・仕上げ を中国やブラジルをはじめとする数多くの国で行っています。 スウェーデンおよびフィンランドでは 高炉で生産を行っています。米国では、スクラップを主原料とする鉄鋼生産プロセスに電炉を使用しています。