硬度

耐用期間をつうじて発揮されるHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板の優れた耐摩耗性の仕組みをご覧ください。

激しい衝撃にも耐える

岩、砂、石炭、鉱物、スクラップメタル等、どんな素材もHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板に致命的なダメージを与えることはできません。優れた硬度、強度、強靭性を兼ね備えたHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板は、どんなに過酷な環境でも機械、部品、構造の耐用年数を延ばすことのできる耐摩耗鋼板として高く評価されてきました。

長期的なコスト削減

極めて高い耐摩耗性はビジネスにとって戦略的要素でもあります。機械の耐用年数が2倍、5倍、10倍に延びれば、当然生産性やコスト削減の向上が期待できます。

Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板 vs 一般の鋼板

明らかな違い

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板が誇る特性である高い硬度は、耐用期間をつうじて優れた摩耗保護を提供します。

チェック! Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板  硬度に優れた鋼板は表面が硬いため、研削材のダメージを受けにくく、摩耗を最小限にとどめます。

チェック! Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板  Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板は一貫した硬度を約束します。

チェック! Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板 硬度はHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板の構造的耐力に矛盾しません。

チェック! Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板  Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板はご希望の用途に合わせて幅広い鋼種や寸法を取り揃えています。

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板の硬さは?

降伏強度、引張強度、硬度など、さまざまな名称で形容されるこの特性。構造を塑性的に変形させることなく確実に構造を守ります。Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板の試験の様子をご覧ください。

最大積載量と耐用年数

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板はトラックの車体、コンテナ、ダンプ車、バケット、ゴミ収集車をはじめとする各種製品の軽量化と寿命の向上を実現します。

本来は耐摩耗鋼板として誕生したHardox®ですが、硬度と靭性を兼ね備えた特殊な特性により、多くの積載に関わる用途に活用されています。Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使用すれば、耐摩耗性、強度、軽量性をすべて備えた構造設計が可能です。

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板はこれまで大きな進化を遂げてきました。現在、はるかに幅広い品揃えで展開しているほか、従来のHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使用した鋼管や丸棒もご用意しています。

機械の耐久性を高める「ダイハード」な鋼板

究極の耐摩耗性はこれまでHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板の成功を支えてきました。そして今、より固く強くなったHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板は永久的な変形や亀裂を生じることなく強い衝撃に耐えることができます。あなたは機械のオペレーターなら、安心してください。Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板は衝撃、揺れ、傷をものともしません。毎日のように激しい衝撃を受けても、正常に機能し続けます。

あなたが車両や機械の所有者なら、Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使用した機械を戦略的な事業投資として考えてみてください。機械の寿命を2倍、3倍、5倍、10倍以上に簡単に延ばすことが可能だと実感いただけます。さらに、機械の寿命向上にとどまらず、亀裂やへこみに強いため、機械の美しい外観を保つこともできます。

最大積載量が証明する違い

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板をトラック、コンテナ、コンクリートミキサーの本体に使用することで車両の軽量化が実現し、これにより燃費や法定最大積載量の改善、さらには車両の小型化や燃料効率の向上が実現します。

車体の軽量化により、同じ車両で積載能力を高めることが可能です。例えば、Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板を使用することで軽量化を実現した大型ごみ容器の場合、積載能力が10~20%向上する場合があります。

この積載能力の向上によって最大積載量が増えるため、一日当たりの収集回数が軽減します。車両総重量の軽減は燃料消費、さらには運転費の節減につながります。メリットはこれだけにとどまりません。Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板は耐用年数を終えた後も、その特性や性能を維持したまま100%再生が可能なのです。

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板はあらゆる過酷な使用環境においても、より強く、より軽く、そして持続可能な世界に貢献します。

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板 vs 普通鋼

実際の硬度は?

靭性

Hardox®ハルドックス耐摩耗鋼板が過酷な環境に耐えられる理由


お客様の使用例

お客様のHardox®ハルドックス耐摩耗鋼板の使用例をお読みください。