お客様の使用例

Hardox ® 500 tuf採用ダンプトラック荷台の驚異の性能

2022年3月08日 所要時間6

大量の研磨作用のある資材を下ろすHardox® 500 Tufを採用したダンプトラック。

事例を詳しく見る

スウェーデン
企業 SLP/ Rådmansö Shakt & Transport AB
産業/業種 トレーラー・架装メーカー
Brand program Hardox® In My Body

Hardox® 500 Tufを採用した ダンプトラックのオープンボックス型の荷台が、40,000 トンを超える砕石の衝撃を受けた後も、摩耗が最小限に抑えられていることが明らかになりました。

Hardox® 500 Tuf は、スウェーデンの運搬業者/コントラクターRådmansö Schakt & Transportの期待を上回る、優れた性能を発揮しています。主に砕石、砂利、砂を道路建設やインフラのプロジェクトのために運搬する同社のビジネスは成長を続けています。Hardox®耐摩耗鋼板の最新鋼種を深刻な摩耗にさらされる自社のトレーラーやダンプトラックの荷台に試用することを考えたRådmansö Schakt och Transport AB社は、

1年以上にわたり最大積載能力38立方トンのダンプトレーラーで新しいHardox® 500 Tuf耐摩耗鋼板を試用し、その性能を検証しました。その時点での走行距離は11,000 kmでした。これまで会社が所有する採石場から運び出した破砕された花こう岩をはじめとする研磨作用の強い素材の量はトータルで40,000立方トンを超えます。

Hardox® 500 Tuf鋼板で作られた荷台を搭載した自社のブルートレーラーの前に立つ、運搬業者RådmansöのMr. Lars Eriksson氏。

「通常、トラックは8年間使用します。ダンプ車体の修理をせずに済めば、それは助かります。私が見たところ、Hardox® 500 Tufならそれが可能だと思います」とスウェーデン・ノルテリエを拠点とするRådmansö Schakt och Transport AB社のLars ‘Knotan’ Eriksson氏はこう言います。

事例を詳しく見る

スウェーデン
企業 SLP/ Rådmansö Shakt & Transport AB
産業/業種 トレーラー・架装メーカー
Brand program Hardox® In My Body

約束どおりの性能を保証するHardox® 鋼板

SSABの技術開発マネージャーMika Stenssonが鋼板の性能の発揮状況を判断するためRådmansö社を訪れたところ、 すべての兆候は良い方向を示し、最終的な結果は予想をはるかに上回っていました。

厚さ6 mmの底板の端面を超音波の板厚測定器を使用して測定したところ、1年以上の使用後の摩耗はわずか5%で、 底板と側板には歪みなどの損傷の兆候はほとんど見られませんでした。さらに、驚くことに、板の縁がほとんど新品に近い状態だったのです。

Hardox® 500 Tuf 製ダンプトラック荷台の摩耗を計測するSSABの技術マネージャー。

SSABのMika Stenssonによる測定で、Hardox® 500 Tuf製底板を1年以上のフル稼働した結果、わずか約0.3mmの摩耗に抑えられたことを確認しました。

Hardox® 500 Tufの確かなメリット:

  • Hardox® 400の最大2倍の寿命
  • 鋭利な資材や重量物の衝撃を受けても、へこみやひびに非常に強い
  • - 20°C (20 ft-lb at -4°F)で27Jと氷点下の条件でも の衝撃エネルギーを保証
  • 狭い寸法公差、優れた清浄度、一貫性により優れた作業性を実現
  • 構造材料として性能を発揮する十分な靭性




Hardox® In My Body メンバー SLP社製のダンプ車体

SLP社は l北極圏のすぐ下、スウェーデン北端に位置するエベルトーネオーに拠点を置く、大手のトラックボディ・トレーラー製造業者です。SLP社は素材の選定から設計、製造方法にいたるまで厳格な要件に沿って製造された製品であることを保証するSSABの品質プログラムHardox® In My Bodyのメンバーです。

SLP社はダンプトラック・トレーラー車体の底板にHardox® 500 Tufを採用し、 SSABはノーカットの鋼板を曲げ、SLPに発送しました。Hardox® 500 Tufを使用した板厚6mmの底板と、Hardox® 450を使用した板厚5mmの側板には、継ぎ目を重ね合わせて手動でミグ溶接が施されました。SLP社は通常通りに車体の仕上げに必要な溶接と機械加工を行いました。板厚16mm未満のHardox® 500鋼板には予熱は不要です。

Radmansö社のトラックに積載する掘削機

「当社は製品の性能の高さでお客様から厚い信頼を得ています。Hardox®に匹敵する鋼板はまず存在しません」

とSLP社のセールスエンジニアAnders Hellman氏は言います。

Hardox® 500 Tuf鋼板製の荷台を搭載したブルートレーラーの前に立つ、セールスエンジニアのAnders Hellman氏。

Hardox® 500 Tufの技術紹介

Hardox® 500 TufはHardox®シリーズの最新グレードです。さらに、ブリネル硬度の偏差が475-505 HBW と極めて小さくなっています。保証衝撃エネルギーは-20°C (20 ft-lb at -4 °F)で27J、-40°Cでの一般値は45 J (33 ft-lb)です。優れた摩耗・歪み抵抗により、長い耐用年数と高い衝撃耐性を発揮します。Hardox ® 500 Tuf は大型ダンプの車体やコンテナ、バケットの構造材料として、さらに氷点下の状況でも優れた性能を発揮します。Hardox 500 Tuf は採石場や炭鉱での重く鋭い岩の積み降ろし、大型のスチールスクラップの運搬、さらに鉄筋を含むコンクリート片をダンパーに積載・落下させる破砕作業等の環境で特に優れた性能を発揮します。WearCalcで花こう岩の滑り摩耗を計算した結果によると、Hardox® 500 Tufは耐用年数がHardox® 400に比べて85~100%向上します。

hardox 500 Tuf 製トラックの底板

摩耗対策はHardox®にお任せください

Zetterberg社製ダンパーの寿命が40%アップ

Zetterberg社製ダンパーの寿命が40%アップ

「Hardox® 500 Tufの採用で耐摩耗性が向上したため、より薄い鋼板でこれまでと同じ寿命が実現できます。それだけでなく、板厚を下げることで車体重量が減り、積載量アップが可能になります」

Hardox 500 Tuf

Hardox® 500 Tufがティッパーにもたらすメリット

硬度と靭性を独自に兼ね備えたHardox® 500 Tufは、ティッパー車体、農業用ティッパー、掘削用ダンプ車体等の軽量化や耐久性を向上します。

Hardox® WearCalc

Hardox® WearCalcソフトウェア/アプリは最適な耐摩耗鋼板の選定をサポートします。