お客様の使用例

B.K:sがHardox® 500 Tuf採用ダンプトラックで競争に勝つ

2021年9月24日 所要時間6

事例を詳しく見る

スウェーデン
企業 B.K:s Truck Equipment
産業/業種 トレーラー・架装メーカー
Brand program Hardox® in my body

優れた耐用性。ダメージのない外観。B.K:s Truck Equipment社は、強度と靭性に極めて優れたHardox® 500 Tufを採用したダンプトラックとダンプボディを製造しています。同社の製品は、どんなに要求の厳しいドライバーからも高く評価されています。

ダンプトラックボディ製造における30年のサクセスストーリー

スウェーデンのセーデルテリエを拠点とするB.K:s Truck Equipment AB社は、あらゆる主要なトラックブランド向けのティッパー車体や、ダンプトレーラー用ボディやシャーシのOEMを手がけるファミリー企業です。同社はトラックメーカー、輸送・建設会社、トラックディーラー、トラックボディメーカーを顧客に持ち、

 

Hardox® 500 Tuf製ダンプトラックボディの側壁の断面形状と一体型トップレールの近接写真。

側壁の断面形状と一体型トップレールが極めて過酷な条件下でもダンプトラック本体を真っすぐに維持します。

事例を詳しく見る

スウェーデン
企業 B.K:s Truck Equipment
産業/業種 トレーラー・架装メーカー
Brand program Hardox® in my body

耐久性に優れたダンプトラックボディとトレーラーシャーシを製造

社内設計に基づいてカスタマイズされた機器を提供し、製品のライフサイクル全体を通して最大限のユーザービリティを確保することを信条とする 1980年代初め以来、B.K:s社は長年にわたりHardox® 耐摩耗鋼板を使用してきました。数年にわたりHardox® 450を使用していた同社は、 Hardox® 500 Tufの発売から間もなく、新素材への切り替えに踏み切りました。現在、Hardox® 500 Tufは同社の全ての製品で採用されています。

Hardox® 500 Tufを採用した、明るい黄色と鮮やかな赤が印象的なダンプトラック。

美しい外観: Hardox® 500 Tuf採用のダンプトラックボディがBellmans社に愛される理由

B.K:sの顧客のひとつ、スウェーデン・ストックホルムを拠点とするBellmans Åkeri och Entreprenad AB社は 600台ものダンプトラック、ローダークレーン搭載トラック、掘削機を稼働させています。同社はストックホルム一帯の建設部門で最大規模を誇る企業です。

「B.K:s製の車体を搭載したダンプトラックとダンプトレーラーをそれぞれ5台使用し始めて、約1年になります」とBellmans社の車両マネージャー Henrik Wilmi氏は言います。「発注前にHardox® 500 Tufが持つ、耐用年数や耐久性の工場といったメリットについてB.K:s社より説明を受けました。性能にとても満足しています。車体にはへこみもなく、現在も新品同様です。普段は気難しいドライバーたちのお墨付きも得ています! 他の請負業者たちも外観について称賛しているそうです」 

連携によりダンプトラックの設計を極め、サプライチェーンを合理化

B.K:s社は、設計から製造に至るまで、製品の競争力を高めるためのフローを設定しています。最新のRW20トラック・トレーラーボディをはじめ、製品の設計は社内で行われ、特許取得済みのダンプトラック設計機能が採用されています。

サプライチェーンは、スウェーデンのB.K:s社、SSAB、ポーランドのスティールボディメーカーSigmaの連携により支えられています。B.K:s社はSSABが提供する前加工リソースを最大限に活用しています。切断・曲げ加工済みのHardox® 500 Tuf鋼板一式がSigmaに届けられ、すべての部品が溶接され、最終的な塗装が本体に施されます。

鋼板一式は、お客様の要件に合わせてカスタマイズされます。B.K:s社のすべてのボディに共通する重要な構造設計要素が、一体型トップレールです。トップレールと側壁はあらかじめ別々に製造され、溶接されます。それを1つのピースとして曲げ加工することで、トップレールを一体化させた側壁が完成します。これにより、溶接時間が大幅に短縮され、外観と強度により優れたビームが誕生します。

「キットマスター」の愛称で呼ばれる、SSABのセールスマネージャーJoachim Eresjöはこう言います: 「B.K:s社は前加工部品のコンセプトを全面的に採用しました。SSABには、サプライチェーンの合理化を目指す企業のための幅広いオファーが揃っています。下請け業者または直接の顧客向けに、費用対効果の高い安全なロジスティクスチェーンの構築をサポートできます」

B.K:s.社が開発・特許取得したデザイン機能を備えた、明るい赤色のトラックボックス RW20。

RW20の本体には、B.K:s. が開発および特許を取得したデザイン機能が採用されています。

B.K:s社から購入した、雪の中のBojab社ダンプトラック・トレーラー。どんな過酷な条件にも対応するHardox® 500 Tuf鋼板を採用。

過酷な積載条件に対応する、B.K:s社から購入した、Bojab社の新しいダンプトラック・トレーラー。

B.K:社のティッパートレーラー、Bojab社のニーズに応える

Bojab社のHenrik Jansson氏は最近、B.K:s社から新しいダンプトラック・トレーラーを購入しました。「当社は Hardox® 450をはじめ、Hardox® 耐摩耗鋼板を 20 年以上にわたって採用してきたので、その性能は十分理解しています。今回の発注でも、B.K:sの手腕に期待していました。新素材Hardox® 500 Tufの性能について説明を受け、ダンプトラックボディがHardox® In My Body認定を受けていることを知りました。提示された軽量化データは目を見張るものでした。そこで、採用を決断し、フルパッケージを購入しました。納品はすべて予定通りでした。現時点ではまだ長距離を走行していませんが、今のところすべてにおいて満足しています」

積載量、重量、耐用期間の向上を実現するダンプトラック・ティッパーボディを製造

BK:s社のセールス・マーケティングマネージャーのTobias Korsulainen氏は、サプライチェーンが自社にもたらすメリットを十分理解しています: 「製品開発において、SSAB はプロセスに不可欠な存在です。彼らは、内部の鋼材、それで何ができるか、そしてその特性がいかに当社の製品をより良いものにするかを知っています。Hardox® 500 Tufへの切り替えで、当社最大規模のダンプを最大1,000 kg軽量化することが可能になりました」

「お客様にはよく、 積載量が1,000 kgアップしたダンプトラック・トレーラーが一日300 km走行した場合、年間の積載量が1,350立方トン増える計算になるという例を挙げて説明します。これにより、燃料1リットルあたりの積載量が増加し、トラックが空の状態で戻る時のコストが節約され、年間約1,500€の燃料費削減が可能になります。さらに、Hardox® 500 Tufはより高い降伏強度も備えているため、 ボディのへこみに対する耐性が高まり、お客様から高い評価をいただいています」

B.K:sの施設の外で傾斜中の、車体にHardox® 500 Tufを採用した明るい赤色のダンプトラックトレーラー。

完成後、顧客への納品を控え、B.K:s社の施設の外に置かれたHardox® 500 Tuf製ボディ

岩を積載したHardox® 500 Tuf耐摩耗鋼板製Firefox ダンパー本体の白黒写真。

Hardox® In My Bodyでより優れたダンプトラックやティッパーを設計・製造

B.K:s社がHardox® In My Bodyプログラムのメンバーであることは、2つのプラス効果があります。第一に、Hardox® In My Body の仕様に沿って製造された機械を評価・認証するSSABとの協力により、設計・製造プロセスの改善が可能です。第二に、Hardox®鋼板で高品質の製品を製造していることを顧客に示すことができます。Hardox® In My Body ブランドが高く評価されていることから、B.K:s社は高いマーケティング効果にも注目しています。

現場で実証済みの性能

Zetterberg社製ダンパーの寿命が40%アップ 

「Hardox® 500 Tufの採用で耐摩耗性が向上したため、より薄い鋼板で同等の寿命が実現できます。それだけでなく、板厚を下げることで車体重量が減り、積載量アップが可能になります」

Hardox® 500 Tufがティッパーにもたらすメリット

Hardox® 500 Tufは、深刻な摩耗にさらされるティッパートレーラーや、掘削・農業用ダンプボディ、バケット、コンテナ等に適した新世代の耐摩耗鋼板です。

 

 

Hardox® WearCalc

WearCalcで適切な耐摩耗鋼板の選択が容易にできます。

 

アップグレードを計画中ですか?

以下の情報をご記入ください。担当者がアップグレードに関する質問やご不明点にお答えします: