アプリケーション

プレハードン鋼として世界一の硬度を誇るToolox®は限りなく多様な用途に活用できます。 優れた強靭性と硬度、さらに機械加工性、寸法安定性、高い清浄度、疲労抵抗、確かな特性を兼ね備えたTooloxはさまざまな活用が可能です。テレビフレーム、エンジンカバー、自動車用安全部品から高性能機械部品まで、あらゆる製品のための型でToolox®の利点を必ず実感いただけます。 Toolox®の採用によりどのような利点が生まれたかを以下で紹介しています。

プラスチック射出成形

機能: 機能: ケーブル用カバー。ガラスファイバー15%を含むPAナイロン

ソリューション: Toolox® 44

製造: 直接射出成形による2パーツの金型。金型部品にToolox® 44を使用。試作金型は通常硬度の45 HRCで製作。その後、生産前にイオン窒化により61‑62 HRCまで上げる。

成果: 毎月約10,000個が製造され、最終的に50,000個を製造。その後、製造終了。金型は優れた機能性を発揮。

冷間加工 - 冷蔵庫部品生産用の順送り金型

機能: 冷蔵庫用コンプレッサーの底板

ソリューション: Toolox® 44

製造: それまではW.Nr.1.2363 を60 HRCまで硬化させて使用。時間を節約し、長い部品の熱処理での問題を回避し、調整をより簡単にするためにToolox® 44を選択。金型の製造は成功し、金型製造で3日以上の時間短縮に成功。従来の素材でのソリューションで必要だった熱処理後の調整は省略。

成果: 15万個製造後に金型を検査したところ、 目視による摩耗は検知されなかった。金型の管理測定結果も良好。同じ金型から150万個以上を製造。

プラスチック用金型

機能: 電気設備(PA 6ナイロン製)に使用する電気ボックス用治具。溶加材なし。

ソリューション: Toolox® 44(従来使用のStavax (AISI 420 mod.)から切り換え)

製造: 製造は成功したものの、ネジ切りに課題が存在。機械タップを使用する場合、屑を穴から取り除くのは困難だったが、 屑を前面に押し出せる直線ネジ山を搭載したタップに切り替えることで解決。

成果: 金型は年間最大5万個の生産に使用され、総製造数は約20万個と十分に活用された。Toolox® 44はその他複数の金型の挿入部にも使用された。Toolox® 44により熱処理や金型調整が不要になり、金型製造の時間を大幅に短縮。

自動車Bピラー製造用工具

機能: 独自動車メーカー向けBピラー製造工具

ソリューション: Toolox® 33

製造: 新衝撃試験基準により新しい工具が必要となり、 鍛造したToolox® 33(寸法 300 x 600 x 3000 mm)を使用。従来使用の鋼材W.Nr 1.2379は納期の問題によりToolox®に切り換え。熱処理が不要になったことから、金型製造のリードタイムが2週間短縮。
切削は順調に行き、精密な表面と、1700㎜で0.01mmという極めてわずかな形状偏差を達成。超硬合金工具のみを使用。

成果: 金型は2005年初期に生産に導入されて以来、特定の問題もなく正常に機能している。一日に製造されるピラーは平均80個。金型は合計8万個の製造を想定して設計。

詳しくはお近くの認定Toolox®ディーラーまたはSSABテックサポ―ト(techsupport@ssab.com)までお問い合わせください。