Strenx® 1100 E/F

データシートをダウンロード

言語を選択してください

Get datasheet by email
Close

Get datasheet by email

    ⼀般製品情報

    ⼀般製品情報最低降伏強度1100 Mpaの構造⽤⾼張⼒鋼板です。

    耐荷重の必要な構造物などの⽤途に向いています。⾼い強度にもかかわらず、溶接性と 曲げ加⼯性に優れています。

    Strenx® 1100 E/Fの利点

    • 熱影響部においても優れた強度と靱性を発揮する溶接性
    • 狭い公差内で保証された鋼板ごとの均⼀性
    • 割れや⻲裂に強い衝撃靭性
    • 優れた曲げ加⼯性と表⾯品質

    ⼨法レンジ

    Strenx® 1100E/Fは板厚4~40mm、最⼤幅3200mm、⻑さは14630mmまで提供可能です(ただし、板厚によって異なります)。また詳細な⼨法は、 弊社⼨法プログラムでご確認頂けます。

    機械特性

    特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
    表示するコラムを選択してください
      板厚
      (mm)
      降伏強度 Rp0.2
      (min MPa)
      引張応⼒ Rm
      (MPa)
      伸さ A5
      (min %)
      4.0 - 4.9 1100 1250 - 1550 8
      5.0 - 40.0 1100 1250 - 1550 10
      パラメータを比較

      比較するにはパラメータをひとつ選択してください

      比較

        横方向の試験片用.

        衝撃靱性

        特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
        表示するコラムを選択してください
          鋼種 横⽅向試験、保証衝撃エネルギー、
          10x10mmの シャルピー試験⽚。 1)
          Strenx® 1100 E 27 J / -40 °C
          Strenx® 1100 F 27 J / -60 °C
          パラメータを比較

          比較するにはパラメータをひとつ選択してください

          比較

            鋼種
            Strenx® 1100 E
            横⽅向試験、保証衝撃エネルギー、
            10x10mmの シャルピー試験⽚。 1)
            27 J / -40 °C
            鋼種
            Strenx® 1100 F
            横⽅向試験、保証衝撃エネルギー、
            10x10mmの シャルピー試験⽚。 1)
            27 J / -60 °C

            1) 別途合意がない限り、EN 10025-6オプション30による圧延垂直⽅向試験が適⽤されます。また板厚 6~11.9 mmに対しては、シャルピー試験⽚を使⽤するため、フルサイズ試験⽚(10x10 ㎜)との⽐較で、試験⽚の横断⾯を利⽤した試験での衝撃靭性数値を表しています。

            化学組成(取鍋分析)

            特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
            表示するコラムを選択してください
              C *)
              (max %)
              Si *)
              (max %)
              Mn*)
              (max %)
              P
              (max %)
              S
              (max %)
              Cr*)
              (max %)
              Cu*)
              (max %)
              Ni*)
              (max %)
              Mo*)
              (max %)
              B*)
              (max %)
              0.21 0.50 1.40 0.020 0.005 0.80 0.30 3.0 0.70 0.005
              パラメータを比較

              比較するにはパラメータをひとつ選択してください

              比較

                組織は微細結晶粒。*) 意図的合⾦元素。

                炭素当量 CET(CEV)

                特定のコラムを非表示にする/表示する 編集
                表示するコラムを選択してください
                  板厚 (mm) 4.0 - 4.9 5.0 - 7.9 8.0 - 14.9 15.0 - 40.0
                  Strenx® 1100 E 最⼤ CET(CEV) 0.37 (0.57) 0.38 (0.58) 0.39 (0.62) 0.42 (0.73)
                  Strenx® 1100 F 最⼤ CET(CEV) 0.40 (0.70) 0.40 (0.70) 0.42 (0.73)
                  パラメータを比較

                  比較するにはパラメータをひとつ選択してください

                  比較

                    CET and CEV formula

                    公差

                    Strenx®を見る詳細については、SSAB カタログの保証を参照してください。

                    板厚

                    公差は「Strenx® 板厚保証」に準じます。Strenx® 保証はEN 10029 ClassAを満たすと同時に、さらに⼩さい公差を実現します。

                    ⻑と幅

                    SSABのDimension Programに準じ、EN 10029の公差を満たしています。

                    形状

                    公差はEN 10029に準じます。

                    平坦度

                    公差はEN 10029 Class Nよりさらに厳格な「Strenx® 平坦度保証Class D」に準じます。

                    表⾯特性

                    EN 10163-2、ClassASubclass3に準じています。

                    納⼊条件

                    Strenx® は焼き⼊れ・焼き戻し鋼板での納品です。この厚板材の切断⾯は、せん断ないしは熱溶断処理です。要望により⼨法切断での出荷も可能で す。

                    納品要件はSSABカタログ内「Strenx® 保証」またはwww.ssab.comでご確認ください。

                    ファブリケ−ションとその他の推奨事項

                    溶接、曲げ、機械加⼯

                    推奨事項はSSABのカタログ(www.ssab.com)をご覧になるか、テックサポートまでお問い合わせください。

                    Strenx® 1100 E/F は Strenx®曲げ保証 クラスCに準拠した曲げ保証を備えています。Strenx® 1100 E/Fは、焼⼊れ焼戻しにより、その特性を得ています。200℃以上の温度にさらされるとその特性を維持できます。

                    本製品に曲げ、溶接、切断、グラインダー、その他の加⼯を⾏う際は、適切な安全衛⽣予防策をとってください。特に、防錆塗装の鋼板へのグラインド がけの場合、粒⼦濃度の⾼い粉塵が⽣じる場合があります。