WeldCalc 2.0があれば、ユーザーは、特定の溶接構造において最も重要な各特性を選択できます。 ジョイントの最適強度と最適な製造効率のどちらを優先するのかなどが、その一例です。 「エクスポート」、「インポート」といった、ウェブベースの新しいインターフェースと機能により、計算・応用が簡単にできるようになりました。

WeldCalc 2.0が提供するもの

  • Weldox、Domex、Hardox、または異なる鋼種や厚さの組み合わせを使用する場合に、溶接手順を最適化する専門ツール。
  • 特定の溶接状況に適した入熱、予熱の温度に最適化された「許容ボックス」。
  • 貴社の溶接事例を「保存」、「開く」、「編集」するための各機能を備え、結果も簡単に応用できる、ウェブベースでアクセスしやすいインターフェース。
  • 推奨溶接方法として、MAG溶接、MMA溶接、SAW、TIG溶接、レーザー溶接、レーザーハイブリッド溶接、プラズマ溶接があります。

WeldCalc 2.0のご利用には、Portwiseパスワードが必要です。 お問い合わせ先   

パスワードをお持ちですか? ここから、WeldCalc 2.0にログインしてください。