SSAB

事例

Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板製ナイフで、コストと時間をカット

メキシコの砂糖プラントMexican Ingenio de Atencingoの効率性が高まったのは、SSAB製の耐摩耗性鋼鉄Hardox 500で作られている新しい加工用ナイフのおかげです。

課題

巨大なミルですりつぶす前の堅いサトウキビを短くカットする際、この砂糖プラントで使用するナイフには、高繊維質の茎をスライスでき、酸性の糖汁に耐えられることが必要です。

ソリューション

Ingenio de Atencingoは、ナイフの鋼材をHardox 500に切り替えました。これによりナイフブレードが以前のナイフの3倍長持ちするようになりました。

農園のマネジャーのメトロビオ・グラシア(Metrobio Garcia)氏は、次のようにコメントしています。「ナイフにHardox鋼を使ったことで、保守に要する時間をカットできるようになりました。」 「不要なダウンタイムを回避できることは、弊社にとって極めて重要なことです。 ブレードの持ちが良いだけでなく、仕上がりも改善されました。」

「このナイフブレードは、3倍長持ちします」

顧客の利点

ダウンタイムの削減は人件費の削減にもつながり、経済危機で強化された同社効率化プログラムの重要な一部となりました。 同社は現在、収穫機をはじめとする精製プロセスのその他段階について、SSABに調査を求めることを検討しています。

プロジェクトの概要

アプリケーション

ナイフ

会社

Ingenio de Atencingo

ブランド

Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板

サービス

ソリューション

メキシコの砂糖プラントMexican Ingenio de Atencingoは、自社のナイフブレードにHardoxハルドックス耐摩耗鋼板を使用しています。このナイフブレードの採用で、保守に要する時間が減り、コストが削減され、効率性が高まりました。

xltw%tzEtyqzK%s%slm6nzxtyqzK%s%slm6nzx